FC2ブログ

簡易映画感想 【あ行】

簡易なのでそこまで真面目に考察とか感想とかは書いてないけど、書きたかったから記事作った。
基本、この記事読んでる人が映画の内容を知ってる前提で書いてるので知らん人見たらわけわからんかも。

視聴済み実写映画一覧に記載してるタイトルの作品の感想です。
なるべく好意的には書こうと努力したい。
容赦なくネタバレもするのでよろしくお願いします。

アイ・アム・サム(2001)
日本語吹き替えだと主人公山路さん声出してるんだけど演技力すごかった。そしてビートルズの曲がいい感じに使われている上に内容と相まって泣きそう。難しい問題を抱えた親子の作品。

アイロボット(2004)
超AIもびっくりの意志を持つ進化したロボットが人間に襲い掛かる。サスペンスチックな部分もあって私は好き。ウィルがネコチャン抱えてめっちゃ走るシーンあるんだけどそこ凄かったね。ネコチャン可愛かった。

アサシンクリード(2016)
大人気ゲームの実写化。過去の人物の記憶を追体験するアサシンというのはゲームに沿っていて良かったし、アクションシーンが良かった。だけどストーリーが分かりにくい……

アナコンダ(1997)
でっかい蛇が出てくるパニック映画。もうちょっとハラハラさせるようなシーンが欲しかったかな。正直蛇よりジョン・ヴォイドやべぇ……てなる。

アンドリューNDR114(1999)
お手伝いロボットの生涯を描くSF作品。心を持ったロボットモノ、大好きです。ロボットにも心があれば人権を、結婚できる権利を。なかなか難しいテーマを扱っている映画。心とは何か、愛情とは。ロボットの心は作られたものだ、プログラムだ、それでもこのロボットには心があると思いたくなる。最後泣いた。

E.T.(1982)
名作中の名作、S・スピルバーグ監督の神映画。82年の映画でETも人形だけど本当に移し方と言うか演出がうまいのか今見ても十分通用する。兄ちゃんが優しい兄ちゃんでよかった。ドリューバリモアめっちゃ可愛い。スピルバーグ監督が、ドリューがいい悲鳴を出すからと言う理由で妹役に抜擢してたって聞いたけど本当にそれは思う。

イット(1990)
最近リメイクも作られたホラー映画。前半の過去シーンでじわじわペニーワイズが子供たちを追い詰め恐怖させるシーンがいい感じに怖い。大人には見えないってのがいいね。排水溝から出てきた風船が割れて血が飛び散るシーンは割とトラウマ。シャワー中にペニーワイズが出てくるのも十分あれやったな。最後はみんなで協力して、ってのはよかったけど、最後なんでペニーをモンスター化させちゃったのか。あれはモンスターパニックモノだったのか……?けど女の子がパチンコでペニー倒すシーンは燃えたから良し。

イエスマン “YES”は人生のパスワード(2009)
かなり前に見たのでうろ覚え……。ジムキャリー目当てで見たけど、恋愛要素もありで見てて楽しくなれる映画だった。終盤にヒロインと主人公の関係がちょっと悪くなるシーンがあってそこはちょいはらはらした。

イエロー・ハンカチーフ(2008)
幸福の黄色いハンカチの海外リメイク。日本版と話の流れはほぼ同じだけど主人公がめちゃめちゃイケメンで見やすくはあった。いや、日本版がダメってんじゃないけども……

インデペンデンス・デイ(1996)
全人類が結束して宇宙人に立ち向かう胸熱映画。序盤はちょっとダレるけど終盤のエイリアンとの決戦は必見。ただ大統領が前線で戦ってんのはちょっと笑ってしまったけど面白かったんで問題なしです!

インビジブル(2000)
透明人間になった男があんなことやこんなことをしてしまう映画(ちょっと違うか……)
実験で透明人間になれた!やったー!→元に戻る方法ないやんけ!→このまま戻れないなら好き勝手やって日ごろのうっ憤晴らすぜヒャッハー!みたいな話。透明人間になり様々な犯罪を犯そうとする主人公とそれに立ち向かう研究仲間。ハラハラドキドキで見ごたえあり。最近金ローでやってくれなくなった作品でもある。序盤のとあるシーンにモザイク処理施されてたの笑った。まあしょうがないか。


ヴァン・ヘルシング(2004)
大好きな吸血鬼モノ。ウルフマンフランケンシュタインも出てきてアクションシーンはサイコーにかっこいい。序盤のドラキュラの花嫁たちの襲撃シーンが好き。

宇宙戦争(2005)
前半に宇宙人からひたすら逃げ身を隠す主人公親子にハラハラ……というかスピルバーグの映画って妙にハラハラさせるシーン描くの上手いよね……、そして絶望感ヤバいなか最後にエイリアンにも弱点があって一気に形勢逆転って展開が燃えた。

ヴェノム(2018)
ヴェノム萌え映画。人外好きとしては最高の映画だったし、おっかない外見やと思ってたけどただただかわいいだけだった。ダークヒーローって言ってるけどヴェノム普通にいいやつでは?

ULTRAMAN(2004)
ウルトラマンの知識なくても楽しめる。大人向けウルトラマン。父親が主人公(ウルトラマン)ってのもストーリーに深みがあって楽しめた。自分は完全に劇伴が松本孝弘ってので惹かれてみたけど、ストーリーも好きでした。

エスター(2009)
割とグロい。これはネタバレせずに見て欲しい映画。子役の演技が素晴らしい。そして本当に怖い。私も騙された。

エボリューション(2001)
B級とは言う物のかなり楽しめた作品。最後のみんな揃って消防車でエイリアン退治しに行くのとか胸熱すぎて何度見ても好き。テレビ版の吹き替えの方が好み。

オズの魔法使い(1939)
実はあんまり覚えて無かったり……けど印象的なのが途中までは白黒なのに途中のある場面で一気にカラーになる演出はすごい。

オデッセイ(2015)
割と最近(もう数年前だけど……)テレビでも結構やってたんで見たらめっちゃ面白かった。遭難モノでも悲観的にならずに前向きに科学で解決しようとする主人公がとてもいい!
スポンサーサイト